2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

灯台下照-The Tower-

2010年03月03日(水)
こんばんわ だんだん温かくなってきて春って感じですね。
散歩をしていたら、梅の木に花がポツポツ咲き始めていて
とてもきれいでしたたまに耳をすませると、
音痴なウグイスさんの鳴き声が聞こえて来たりします 
これからうまくなるハズたのしみだ

さてさて、ウーパーのメロはというと、最近春を察知したせいか
水槽内をぐるぐる徘徊してます。暴れているに近いのですが
たまに、スイッチが入っちゃうようですねぇ
勢い余って水槽からとびだしちゃったりして(笑)

最近知った「とある科学の超電磁砲」ってアニメが面白いなぁって
思うのですが、「とある魔術の禁書目録」ってのも以前やって
いたんですね。知らなかった。

― 科学と魔術が交差するとき、物語は始まる ―
このアニメのテーマソングもカッコイイのです

リウスもなにか能力っぽいもの欲しいなぁ(笑)
何が良いだろう…欲張って、新しい光なイメージで
タロットの - The Tower - 通称:灯台下照 とかどうかなぁ

あ…御坂 美琴の超電磁砲(レールガン)に似てる 駄目だ。。

うん。妄想激しいですね ゴメンナサイ

っとういかですね、前の記事に紹介したリウスの好きな作家
ダン・ブラウンさんの「パズル・パレス」って本にも出てくる
団体で、NSA(国家安全保障局)の関係者がリークされたと
される、エイズ生物兵器説を元に
Googleで、「ものみの塔」「キッシンジャー」って検索して
調べていた時の事、ものみの塔のHPにこの
キッシンジャーさんのコメントが引用されていました。

便利な時代です、World Wide Web

なかなか興味深い内容ですが…
馬鹿なリウスには読み解けません(涙)
知らずにして時がたち言葉がそのまま己に帰ってくる
ブーメランっぽい文章だなぁっと思いました。
うまく説明できません(笑)

しかし、そんな物凄い情報(自作自演)がちょちょいっと♪
数秒で検索した程度で出てくるハズないですよねー

めんどくさいから、とある~の
上条 当麻に、幻想殺し(イマジンブレイカー)してもらいなYO

最先端の科学技術は知らないところで隠ぺいされ秘密裏に、
人工で地震が起こせたりしちゃうんでしょうか
そんな中での聖書を利用しての予言に便乗商売…
怖すぎる…(妄想です

いやぁ、不確かな情報で揺れ動くのも困るけどリウスが心配なのは、
こっそり海上自衛隊の人に教えてもらった、美味しいカレーの
秘密レシピがweb上に流失してしまう事なのです
世界中のカレーが美味しくなってしまうじゃないか!
最悪、シーシェパードがクジラからマグロ次に狙うは、その
“秘密レシピ”の正体の保護に乗り出しちゃう馬鹿げた可能性だって
ある(笑)物凄い危機を感じます(冗談です
            ↑
このネタ「パスル・パレス」読んだ事ある人にはわかるかも?(笑)
その「パスル・パレス」の中でのキーワード
QUIS CUSTDIET IPSOS CUSTDES ラテン語で

「誰が番人を監視するのか」   って意味らしいです。

番人の監視の監視の監視のエンドレス…?

ついでに、この間観た映画の「天使と悪魔の」小説を最近
読みました。ちょっと感想を…

映画ではCERNの所長、マクシミリアン・コーラーが出てこないん
ですね。
リウスは、この登場人物の生い立ちは今の時代背景からみても
欠かすべきではなかったと思うのですが…だから映画の最後に
「ルカ」だったのかなぁ?視点が定まりませんー

うーん 蛇の正体。。


*とりあえず日記にしておきたかった事をおぼろげに
入力してみました。後日訂正メロの写真など入るかもです。

2011.1/3 訂正:QUIS CUSTDIET IPSOS CUSTDES じゃなくて
        Quis custodiet ipsos custodes が正しいみたい

        すごいよgoogle先生!! 「もしかして」って教えてくれた(笑) 
        
スポンサーサイト
【編集】 |  20:01 |  ウーパー☆水槽内  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

アットゲームズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。